お花の画像
弓木奈於さん応援サイト「Welina」のアイコン

Welina

2024年7月11日

乃木坂46加入後の弓木奈於さんストーリー

加入前のストーリーは当サイトトップページのHISTORYの欄からご覧ください

「Welina」弓木奈於さん応援サイト

人生を捧げる

坂道研修生として活動されていた2020年2月16日。SHOWROOMにて『坂道研修生 配属発表 SHOWROOM』が配信され、新四期生として弓木奈於さんの乃木坂46配属が発表される。

配属発表時に色紙に書いた意気込みは「人生」

「(乃木坂46に)人生を捧げて、天に上った時に嬉しい人生だったなと思っていただけるような、私も思えるような人生にしたい」

と語った1

お披露目はナゴヤドームで開催された『8th YEAR BIRTHDAY LIVE DAY4』2

この時のことを、4年後の2024年6月6日配信、YouTube動画『サシメシ』(サッポロ一番公式YouTubeチャンネル)にて梅澤美波さんが

「普通、乃木坂に加入してきた子たちは先輩がいて、(先輩が)紹介するってことが多かったけど、弓木の時は弓木が先導して全部を回してたから」
「しっとり、おしとやかっぽい京都美人が来たなって思った」

と振り返られている2。 

弓木奈於さん自身も

「最初のブランディング的には、年長で入ったので、みんなの相談にも乗れるようなお姉さんで行こうと思った」

と語られている3

実際に同じ坂道研修生として活動した櫻坂46の大沼晶保さんは弓木奈於さんについて

「一番お姉さんで、しっかりしていて、めちゃくちゃ引っ張ってもらっていました」

と語られている4

コロナ禍に突入

加入後は順調なスタートを切ったかに思えたが、数か月後、新型コロナウイルス感染症による様々な活動の自粛期間へと突入する。通常であれば加入後すぐの注目度の高い期間だが、自粛生活を余儀なくされ、思うように活動することが出来なかった。

自粛期間には大谷翔平選手が高校時代に作成された目標達成表を参考に、自分でも表を作成し

「お世話になった方に今はこんな風に頑張っているというのをテレビで見てもらう」

という目標達成のためには

「選抜に入らないといけない」「歌やダンスを頑張らないといけない」

などと書かれていたのだそう5

FMFUJI『沈黙の金曜日』アシスタント就任。

徐々に活動が再開していく中で、1つ目の転機が訪れる。FMFUJI『沈黙の金曜日6』のアシスタント就任である。

前任の中田花奈さんの乃木坂46卒業に伴い、新アシスタントに就任。

初回の放送では沢山メモをしてきた弓木奈於さんに対して、MCであるアルコ&ピースの平子祐希さんから自由にやってほしいとの意味も込めて

「まずはそのメモを燃やすとこからだな」

と言われる7

『沈黙の金曜日』アシスタント就任の裏側は番組プロデューサーの中島正史さんが

「(アシスタントMCの後任を検討する際に)会わせてもらったときに弓木ちゃんは飛び抜けていた」

「彼女にひとつだけお願いしたのは「ゼロ回答はだめよ」「なんでもいいから返してくれ」と、「あとは(アルコ&ピースさんが)何とかしてくれるから」と…」

と語られている8

この「ゼロ回答をしない」という言葉が今後の弓木さんを表す一つのキーワードとなる。

「ゼロ回答をしない」を心に刻み、その後の放送ではどんな無茶ぶりにも応えている。
無茶ぶりにどんどん答えていくことにより、弓木奈於さんの面白いキャラクターが明らかとなった。
初期はお姉さんキャラで行こうとしていたが、生放送のラジオでそのキャラクターが明らかになった時のことを

「ラジオが始まって生放送でキャラを作ってしまうと続かない。それが私の化けの皮がはがれる瞬間でした。」9

と語られている。

ちなみに初期は番組内でコーナーが存在していたが、現在ではゲストコーナーを除いた約1時間30分はコーナー無しのフリートークとなっている。

アシスタントに就任して4年目。現在では、MCのアルコ&ピースさんのことを

「ガチでお兄ちゃん。なんでも喋れるし、もうほんと早く会わないとなぁって思うし、なんかほんとガチで身内10

と語るほど、弓木さんの心の拠り所となっている番組である。

鈴木絢音さんとの出会い。

2020年10月3日、二つ目の転機が訪れる。舞台『ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE O(オー)』への出演が決定し11、「演技の仕事をしたい」と語られていた12弓木奈於さんにとって初の舞台のお仕事、そして乃木坂46の先輩、鈴木絢音さんとの共演となった。
この鈴木絢音さんとの共演が今後の活動に大きな影響を与える。

この時の鈴木絢音さんについて弓木奈於さんは後にこう語られている。

「初めて舞台でご一緒して何から何までわからなくて、「人見知りやしどうしよう」っていうときに「一緒においで」って言って挨拶回り一緒にしてくれたりとか、全てを教えてくれた先輩で…9

この共演をきっかけに二人の深い関係性がスタートする。公演が全て終了した後は迷惑になるのではと少し控えていたが、他の4期生が鈴木絢音さんに猛アタックするのを見て、鈴木絢音さんへの愛を口にするようになった。

二人が仲良くなるきっかけとなった、通称ヨボセヨ事件13や鈴木絢音さんがライブでされていたサイドポニーに一目惚れし、サイドの重鎮になったり14、鈴木絢音さんが苦手なトマトを頂く、トマト担当になったり15と、日を追うごとに仲睦まじいエピソードが次々と公開されていった。

詳しくはこの記事で紹介されているのでぜひ、ご一読を。

乃木坂46・鈴木絢音と弓木奈於「すずきとゆみき」の特別な関係を振り返る

個人仕事の増加

舞台『ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE O(オー)』の公演を終え、迎えた2021年3月。ひかりTVのドラマ『取り立て屋ハニーズ』にチャコ役として出演する16。6月にはひかりTVにて初冠番組『乃木坂46弓木奈於とやみつきちゃん』がスタート17

バラエティ番組ではテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』18、ABEMA TV『熱闘!Mリーグ』19に出演するなど徐々に個人のお仕事が増えてくる。

そんな中、2021年3月22日に出演した『プレミアMelodiX!』で共演した南海キャンディーズの山里亮太さんは弓木奈於さんについてこう語られている。

「おっもしろかったなぁ…もう、何言ってるか訳わかんないのよ。もう、言葉の外し方とかが絶妙で」
「誰かにまた見つかって、多分どんどんとね、ブレイクするんだろうな…と思いましたけども。天然系の面白い子でしたね」20

選抜入りという目標

グループの活動としては6月9日発売の27枚目シングル『ごめんねFingers crossed』21の選抜発表での心境の変化をこう語られている。

「それまでは選抜発表があっても、入れるなんて希望を持ってはいけないと思っていました。選抜発表は先輩方のための時間だと思っていたからです。私は「その場にいさせてもらう」という感覚でした。その日は、4期生がどんどん前に進んでいる姿を見て、自分がまだまだだなっていう悔しさがこみ上げてきました。」22

そして、とある目標を立てる。

「私は目標を立てました。それは「積極的になる」ということです。以前までの私は、こんなことを言ったら嫌われちゃうんじゃないか、叩かれちゃうんじゃないかと恐れていました。でもそれじゃだめだと思って何でもいいから恐れずにやってみる。それを胸に過ごしてきました。番組に出演させていただくときは、とにかく発言するようにしました。」22

そして、10月にはアンダーライブに初参加することをきっかけに、弓木奈於さんが「選抜入り」という目標をより一層強く意識する出来事が起こる。

「今回、アンダーライブに4期生が出ることになって、鈴木絢音さんから「おめでとう」と連絡がありました。「私は奈於ちゃんといつか選抜で踊ることが目標のひとつだから。」と仰ってくださいました。その日から、私に目標がひとつできました。絢音さんと選抜に入ることです。」22

自身のことを「「自分は良くても相手は気にしているかもしれない」と凄く不安になるタイプ」23と語り、同期の佐藤璃果さんからは「彼女は気にしぃで繊細」24と表現されるなど、他人にどう思われるかを気にしてしまう性格の弓木奈於さんが打ち明けた大きな目標だった。

注目度の増加

2021年は『沈黙の金曜日』6で分かったキャラクターがより注目され、『乃木坂工事中』25では、学力テストで最下位となり、「頭NO王」のタイトルを獲得26。『乃木坂46のオールナイトニッポン』では、ランリュックを「優柔不断な生地」、水溜まりを「ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん」と表現し話題になる27など、益々「弓木ワールド」がファンに知られて行く年となった。

補足

「弓木ワールド」と言われることもある弓木奈於さんの突飛な発言だが、本人は

「失敗したらどうしようってすごく考えるんですよ。で、考えに考えた結果、普通の人からしたらめちゃくちゃ遠回りなアプローチになっちゃうっていう…」28

と語られている。

久保史緒里さんも弓木奈於さんについて

「いろんなアイデアを持っている子だから、それを出すだけならもっと楽なのに、それにもともと気にしいの性格があるから、例えば尺だったり、今みんなどう思ってるかなとか、いろんなストッパーがかかることによって、突っ走れるものを一回ふさいで違う道を探しているからテンパっちゃう」

と語られている64

2022年の目標

そして2022年の目標を漢字二文字で「現実」とした。

「加入してから乃木坂46でたくさんの夢が出来たので、それを「現実」に変えたいんです」「ひとつは、(鈴木)絢音さんが「一緒に選抜で踊りたいね」と連絡してくださったので、私が選抜に入って、その夢を「現実」にしたいと思っています。もうひとつは、おばあちゃんに私の活躍を見てもらうことです。京都に住んでいるから『乃木坂工事中』や『乃木坂スター誕生!』を見ることが出来ないので、歌番組さんに出て、おばあちゃんの目に私の姿を焼き付けたい。そんな作戦を考えています。」29

その言葉の通り、2022年はその夢が「現実」となる。

先輩の卒業

高山一実さん

中学生の頃から大好きで、乃木坂46に加入してからは憧れの先輩であり、『乃木坂工事中』に出演した際には、

「弓木ちゃん、リアクションを取ろうとする姿勢がいいと思うよ。この調子で頑張ってたらいい方向につながるはず」29

と褒めてくださった高山一実さんが2021年11月の『乃木坂46 真夏の全国ツアー2021 FINAL!』30でご卒業された。

新内眞衣さん

また、『乃木坂46のオールナイトニッポン』に出演した際には

「私と同じくらいの歳に入ったから、めっちゃ頑張って欲しいといつも思ってる。」27

4期生楽曲『猫舌カモミールティー』のフロントメンバーに選ばれたときには

「私は絶対、弓木ちゃんが抜擢されるって思ってたよ

と言ってくださり、

「私が乃木坂46にいる間に一緒に選抜で活動しよう」31

と励ましてくださったりと、弓木奈於さんのことを気にかけてくださっていた新内眞衣さんが2022年2月の『新内眞衣 卒業セレモニー』32でご卒業された。

うなぎのぼり

そんな中、弓木奈於さんがより注目される出来事が起きる。それは2月21日~23日にかけて配信された『乃木坂46時間TV』だ33

1日目に行われた『運動会チーム分け50m走』では「自己ベストは6秒9」と豪語するも9秒88を叩き出し、『バナナマン&メンバーが選ぶ!乃木坂46ベストソング歌謡祭』では、バナナマンさんとの絡みで

「生田絵梨花さんっていう先輩の…」「生田さんはご存命なんですけど…」「(生田さんに)首根っこ掴まれたりとか…」

と発言し、バナナマンさんに猛ツッコミされ、場が大いに盛り上がった。

2日目のメンバー個人企画『乃木坂電視台』では「シンデレラチャレンジ」と称し、シンデレラに扮した弓木奈於さんが王子様に合うために様々な困難(激痛足つぼマット、ビリビリペンなど)に挑むというもの。時間いっぱいの弓木ワールドに大盛り上がりだった34

一方で、1日目深夜に行われた「朝まで乃木坂人狼」では、鋭い思考で場を制し、2日目では疑われた味方の人狼に投票し、1ターン目で追放するなど大活躍。大逆転勝利も見えた中で、最後の最後で自滅するなど場をかき回し、大いに盛り上げた。

アフタートークでは

「(1日目の活躍で好感度が)うなぎ上りで、このまま登っていくんだ~と思ったら、(2日目で)ほんとうなぎ下がり」35

と語り、再び場を盛り上げた。

また、秋元真夏さんの『乃木坂電視台』の後には

「真夏さんに喜んでもらえるように頑張りたいなって思うようなキャプテンで、苦手なことでも挑戦する姿を、どんなに年月を重ねても、やめないところが、私たちにそういう姿を見せてくださるからそう思えるんだと思って、改めて真夏さん大好きなんだなって思いました」

とコメントし、齋藤飛鳥さんから

「すっごいね…そんなに喋れるの。すっごい良いこと言ったよね」

と称賛された36

また2日目の『乃木坂三者面談』ではネプチューンの堀内健さんが乃木坂46のメンバーに無茶ぶりを行った流れで、Twitter上では出演していなかった弓木奈於さんを求める「#助けて弓木奈於」がトレンド入りするなど、その人間性やキャラクターがより浸透した3日間となった。

勢い止まらず

その勢いそのままに、3月にはひかりTVのドラマ『ラブシェアリング』に古牧緑役で出演37。BSテレ東ではプログラミングを学ぶ番組『東京パソコンクラブ』38が開始し、レギュラー番組が『乃木坂46弓木奈於とやみつきちゃん』17、『沈黙の金曜日』6を合わせて4本となり、激務の毎日を送る。

その日々について弓木奈於さんは

「加入したタイミングでコロナ禍が重なってしまって、乃木坂46に加入は出来たけどお仕事が全然ない、みたいな時期を考えると今はもう、夢のようです」

と語られている31

夢、叶う。

フジテレビ系『これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション』39、日本テレビ系『ヒルナンデス!』40、テレビ東京系『有吉ぃぃeeeee!』41に出演するなど個人の仕事がどんどん舞い込むようになった。

そして迎えた7月。30枚目シングル『好きというのはロックだぜ!』42でかねてからの夢だった初の選抜入りを果たす。

『沈黙の金曜日』で涙ながらに

「私のことを好きって言ってくれて、凄いありがとうと思うし、好きでいてよかったなって思えるような存在になりたい。」

と語ったあの日43

「絢音さんと選抜に入りたい」22と決意したあの日。

「お世話になった方に今はこんな風に頑張っているというのをテレビで見てもらうために選抜に入らないといけない」と書いたあの日5

その夢が「現実」となった瞬間だった。

選抜発表後のインタビューでは

「選抜さんは私にとって憧れだったし、目標にさせて頂いていて、おばあちゃんやお母さんにも「選抜に入りたい」と言っていたけど、いざ目の前にすると不安でいっぱいで、私は何もできていないから(中略)人よりもできない分、いっぱい頑張って、ファンの人が「応援していて良かったな」と思ってもらえるようになりたい」

と語られている44

また選抜入り後も、TBS系『ラヴィット』45や日本テレビ系『踊る!さんま御殿』46と勢いそのままにテレビ番組への出演も増えていった。

大好きな人の卒業と新たな決意

2023年3月、大の仲良しだった先輩の鈴木絢音さんが乃木坂46をご卒業された。

鈴木絢音さんは弓木奈於さんについて

「これからも奈於ちゃんは無理して違う自分になる必要なはいよ。そのままが素敵だもん」

と語り47、弓木奈於さんも鈴木絢音さんについて

「でもほんまに「奈於ちゃんは奈於ちゃんらしく」っていうのを、私が気にしぃな人っていうのをわかってくれているので、逐一連絡が終わったとしてもまた連絡してくださって、気にかけてくださって、「奈於ちゃんはため込む性格やから私が息抜きになれてたらいいな」って言ってくださって」

と語られている9

そんな心の支えともなっていた先輩がご卒業された後のブログでは

「今まで絢音さんに甘えてばかりだったけど、絢音さんがグループの事や後輩の幸せを一番に考えてくださっていたように私自身変わる事が出来るように、頑張りたいです!」

と綴られている48

その言葉通り、その後の活動では、先輩、後輩問わず様々なメンバーとのエピソードが増え、五期生の川﨑桜さんからは

「マネージャーさんから「一番話しやすい先輩誰?」と聞かれるとだいだい弓木さんの名前が挙がる」49

菅原咲月さんからは「一番喋りやすいのは奈於さん」

小川彩さんからは「弓木さんの前ではいつもの自分のまんまで喋れる」

と言われるほど28、ブログに認めた決意が実っているようだ。

ちなみに鈴木絢音さんとはご卒業後も連絡を取られているようで、その交流は今も続いているようだ。

2023年もTBS系『プレバト!!』50『水曜日のダウンタウン』51、日本テレビ系『ダウンタウンDX』52に出演されるなど大活躍だった。そして10月にはTBS系『ラヴィット!』のシーズンレギュラーとして出演。シーズンレギュラー終了後もスタジオやロケに呼ばれるなど長いお付き合いを続けている。

味方

大きく話題となったのが明治神宮野球場で行われた『真夏の全国ツアー2023』東京公演でのMCだ。

「こうやって応援してくださる方が、私にとっての味方なんだなと改めて感じることが出来ました」

というコメントの後、

「そこで、みなさんに大いに言いたいことがある!皆さんにとっての味方は私達だ!」

と声を張り上げ、会場を沸かせた。

この時のことを久保史緒里さんは

「弓木さんが会場全部持って行った。」53「私もすごい大好きなMC」64

と語られている。

また五期生が出演した『新参者』公演では、事務所のお偉いさんの今野さんに促され、メンバーでありながら、客席から大声でアンコールを扇動し54、出演していた五期生からも

「めっちゃ聞こえてました」「弓木さんの声が励みになりました」

と言われ55、話題となった。

麒麟の川島明さんはそんな弓木奈於さんについて

「凄い大胆な時もあるけど、後でしっかりへこむじゃない。(中略)二重人格なんかってくらい。」
「やるってなったら瞬間沸騰速度は凄い速い」

と語られており、弓木奈於さんも

「覚えてないんですもん、頑張らなって思った瞬間からもう世界が真っ白になる」、「で、終わった瞬間に「あかんわ…やってもうてるわ…」ってなる」

と語り、川島さんが

「3次会終わりみたいな」「これ私がやったん…?みたいな」

と返されている9

勢いは止まらない

2024年もテレビ番組への出演は止まらず、1月にはTBS系『ラヴィット』にて代打MCも務めた56。3月に行われた「風とロック さいしょでさいごの スーパーアリーナ “FURUSATO”」ではサンボマスターの山口さんからギターを首に掛けられ、エアギターを披露し話題となった57。4月10日発売の35枚目シングル『チャンスは平等』58では初の福神入りを果たし、『週刊少年マガジン』2024年23号59では初単独表紙を飾った。

熱い想い

4月に出演したTBSラジオ『金曜JUNKバナナマンのバナナムーンゴールド』ではバナナマンの設楽統さんが弓木奈於さんについて

「まともになってきたよね、場数踏んだからかちゃんと理論立てて喋れるようになったよね」

「弓木も聞くよ、あの子面白いよねって」

と語られている。

弓木さんも自身のターニングポイントのひとつとして、設楽さんが仰られていた

「乃木坂工事中はあなたたちの番組なんだから間違えても挑戦することが大事だよ」

という言葉を挙げている60

『乃木坂工事中』については以前、岩本蓮加さんとの対談で

「『乃木坂工事中』も思うところがあって。私は乃木坂46が好きだから、1期生さんや2期生さんが揃っていた時のように、特定のメンバーだけじゃなく、もっとみんなで盛り上がりたいんです。」

「でも、それぞれ思うことが違うはずだから、自分から言うことはできないんです。それでいつも空回ってます(笑)」

と、番組に対する熱い気持ちを語られている61

待望の写真集発売

そして5月24日、待望の1st写真集『天使だったのか』の発売が発表された。

弓木奈於さんは

「写真集は、活動していく中で応援してくださるファンの皆さんに出会って見つけた夢の一つなので、今回夢をかなえさせていただけた事が本当にうれしいです!」

と語られている62

「(自分は)周りの人が作った道を歩いてきただけで、「自分が何をやりたいか」を考えたことがなかった」23

「自分が本当にやりたいことは何だろう」

と、初めて自分自身について真剣に考え、導き出した答えが「アイドル」63

坂道合同オーディションに合格するも、どのグループにも配属されず、研修生として不安な日々を過ごした。念願の乃木坂46に加入するもコロナ禍に突入し、思うように活動できなかった。

そんな数々の壁にぶつかりながらも、ブログで

「私には秀でた何かがあるわけじゃなくて、むしろ出来ない事、空洞の部分の方が多くて人の何倍も何十倍も努力しないといけない人です。でもオーディションに挑戦したいと思った日からずっと私にとっての夢は乃木坂46として、家族や支えてくださっている方はもちろん、少しでもたくさんの方に笑顔をお届けできるような人になる事です。」64

と語り、地道に努力を続け、選抜、福神と着実に坂を駆け上がり、ついに1st写真集発売。

そんな弓木奈於さんの活躍から今後も目が離せない。

写真集についてはこちらから

弓木奈於さん1st写真集『天使だったのか』特設ページ

  1. 坂道研修生 配属発表 SHOWROOM
  2. 8th YEAR BIRTHDAY LIVE DAY4
  3. サッポロ一番公式YouTube『サシメシ』
  4. TBS系『ラヴィット!』2023年11月3日放送回
  5. 『B.L.T.』2020年10月号
  6. FMFUJI『沈黙の金曜日』
  7. FMFUJI『沈黙の金曜日』2020年10月30日放送回
  8. Audee『向井と裏方』#58
  9. TOYKOFM『川島明 そもそもの話』
  10. FMFUJI『沈黙の金曜日』2024年5月10日放送回
  11. ナナマルサンバツ THE QUIZ STAGE O(オー)
  12. 『アップ・トゥ・ボーイ』2020年12月号
  13. 公式ブログ『ニンジャガールズ☺︎弓木奈於』
  14. 現代ビジネス『乃木坂46・鈴木絢音と弓木奈於「すずきとゆみき」の特別な関係を振り返る』
  15. SHOWROOM配信『のぎおび』2021年10月4日配信回
  16. ひかりTV『取り立て屋ハニーズ』
  17. ひかりTV『乃木坂46弓木奈於とやみつきちゃん』
  18. テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』2021年1月4日、11日放送回
  19. ABEMA TV『熱闘!Mリーグ』2021年3月7日放送回
  20. 「ブレイクするんだろうな…」乃木坂46・弓木奈於が山里亮太に見つかる!ブッ飛んだトークに「おっもしろかったなぁ」
  21. 27枚目シングル『ごめんねFingers crossed』
  22. 『BRODY』2021年12月号
  23. 『B.L.T.』2020年10月号
  24. ニッポン放送『乃木坂46のオールナイトニッポン』2024年4月17日放送回
  25. テレビ東京系『乃木坂工事中』
  26. テレビ東京系『乃木坂工事中』2021年8月1日放送回
  27. ニッポン放送『乃木坂46のオールナイトニッポン』2020年12月2日放送回
  28. 『アップ・トゥ・ボーイ』2023年8月号
  29. 『EX大衆』2022年1月号
  30. 乃木坂46 真夏の全国ツアー2021 FINAL!
  31. 『アップ・トゥ・ボーイ』2022年2月号
  32. 新内眞衣 卒業セレモニー
  33. NOGIZAKA46 10th Anniversary 乃木坂46時間TV
  34. YouTube『【弓木ワールド全開!】弓木奈於のシンデレラチャレンジ!』
  35. YouTube『乃木坂46時間TV YouTube Premium アフターパーティー』
  36. Youtube『【一輪車】世界1位2位の先生に習い秋元真夏が一輪車で演技に挑戦!』
  37. ひかりTV『ラブシェアリング』
  38. BSテレ東『東京パソコンクラブ』
  39. フジテレビ系『これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション』
  40. 日本テレビ系『ヒルナンデス!』2022年6月9日放送回
  41. テレビ東京系『有吉ぃぃeeeee!』
  42. 30枚目シングル『好きというのはロックだぜ!』
  43. FMFUJI『沈黙の金曜日』2021年8月20日放送回
  44. テレビ東京系『乃木坂工事中』2022年7月17日放送回
  45. TBS系『ラヴィット』
  46. 日本テレビ系『踊る!さんま御殿』2022年10月11日放送回
  47. 『月刊エンタメ』2022年8月号
  48. 公式ブログ『言葉です』
  49. 文化放送『乃木坂46の「の」』2023年12月24日放送回
  50. TBS系『プレバト!!』
  51. TBS系『水曜日のダウンタウン』2023年6月14日放送回
  52. 日本テレビ系『ダウンタウンDX』2023年11月9日放送回
  53. のぎ動画『久保チャンネル #92』
  54. SHOWROOM配信『のぎおび』2023年12月4日配信回
  55. SHOWROOM配信『のぎおび』2023年12月7日配信回
  56. TBS系『ラヴィット!』2024年1月26日放送回
  57. 乃木坂46賀喜遥香「私もちょっとロックになりたいなって思いました!」サンボマスターとの初“対バン”を振り返る
  58. 『週刊少年マガジン』2024年23号
  59. TBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』2024年4月26日放送回
  60. 『EX大衆』2023年3月号
  61. 乃木坂46 弓木奈於1st写真集7月23日(火)発売決定!
  62. 月刊バスケットボール2022年12月号
  63. 公式ブログ『前向きに頑張りたい。弓木奈於』
  64. のぎ動画『久保チャンネル』